世の中は甘くない!燃料が確保出来ない事で起きた!災害時の裏話とは?

風が吹けば桶屋が儲かる企業もある

災害時は、燃料が確保出来ない事で事業が継続できず、倒産に至った企業も数多くあります。その主な理由は、風が吹けば桶屋が儲かると呼ばれる言葉がある様に、災害時をチャンスとして考え、取り引き先を奪う考えを持ち合わせている企業もあるのです。災害に遭った企業が、事業が継続できるまでの間の一時的な内容ではありません。継続的に取り引きを行う事を条件に、取り引きを行う場合もあるのです。つまり、取り引き先が他社に奪われてしまう場合もありまして、実際に、奪われた事によって倒産しまった企業も数多くあります。現在は、燃料の貯蓄や、優先的に燃料が扱える契約などのBCP対策の重要性が注目されているのです。離れた場所で災害が起きた場合は、対岸の火事だと思われる場合もあるでしょう。その様に思われている企業も数多くある事を念頭に置かなければなりません。

BCP対策は、企業価値を高める効果へ

BCP対策を行わず、倒産した会社の損失は会社としての当事者だけではありません。社債などで資金を集めていた場合は、第三者にも損害が及んでいます。株を発行していれば、株主の損害も大きく、企業価値を損ねてしまう場合もあるのです。災害時において、事業を再開する資金を集めるにも信用が足りず、倒産を決断した企業も数多くありました。BCP対策を行う心構えは、経営としての信用を高める場合もありまして、市場からの企業価値を高めれる効果も期待できるのです。この心構えは、働く社員にも安心を与え、質の良いサービスを市場に提供できる力も隠されています。

万一のリスク対策のために予算をかけられないという声は小さい企業ほど多いです。しかしBCP対策は今や国際規格にもなっています。それを取得すれば企業イメージの向上や、他社と差をつけるメリットもあるのです。