合宿免許はなぜ安く利用できるの?食費や宿泊費は?

食費や宿泊費などはどうなっているのか

車の免許はできれば学生時代に取っておきたいでしょう。社会人になると通うのが難しくなります。合宿免許はさらに難しくなります。学生に人気なのは合宿免許で、その理由としては非常に安いからとされています。気になるのは、合宿中の食費や宿泊費です。いくら免許にかかる料金が安くても、滞在するのにお金がかかっては意味がありません。いろいろな合宿免許のプランを見てみると、基本的にはすべて込々での料金になっています。つまりは、学校の費用、宿泊費、食費なども含めて通学するよりも安い価格設定になっています。ただ、合宿先で色々なイベントなどもあるので、それらの参加費用などは別途必要になります。と言ってもそれほどかからないでしょう。

短期間で集中して教習を受けられる

車の免許の取り方に、通学タイプの教習所と合宿タイプの教習所の利用があります。料金は合宿タイプが安いと言われていて、取得期間も短くなるとされています。メリットばかりですが、その理由はどんなところにあるのかです。通学タイプだと、1日に受けられる教習時間が限られています。時間があっても、一定時間の教習が受けられません。一方、合宿だと通学タイプよりも集中して教習が受けられるようカリキュラムが組まれています。1日中受けるわけではありませんが、1日の多くを教習所で過ごしながら技術を磨き、知識を得ていきます。そのために早く取得できるようです。通学だと教習の間隔が開いて再講習などになる可能性がありますが、合宿だとそれが少なくなります。

合宿免許では食事つきプランを導入している所が多くありますが、教習所近隣にあるアパートを使う場合は自炊プランも準備されています。