地デジのアンテナの種類やアンテナ設置工事の費用はいくらになるの?

地デジを見るためにはアンテナが必要なの?

地デジを見るためには、基本的にアンテナが必要です。ケーブルテレビなどの一部例外がありますが、アンテナからテレビの電波を受信するのが一般的なやり方です。そのため、テレビを見るためにはアンテナを設置する必要があります。

アパートやマンションでは、地デジ用のアンテナは共同で使っていることが多いので、アンテナを設置する工事は必要ありませんが、新築で建てた家では、アンテナを設置する工事が必要となります。

地デジのアンテナの種類はどれくらいある?

地デジの番組を見るためには、アンテナが必要ですので、まずアンテナを選ばなくてはいけません。アンテナの種類の中には、室内用のアンテナがあります。室内用ですからアンテナ設置の工事は必要ありません。しかし、室内用のアンテナは電波の受信力に難があります。

ですので、しっかり電波を受信したいのであれば、アンテナを外に設置する必要があります。外に設置するアンテナには、アナログ放送時代からよく見る針金がつながったような八木式アンテナと、デザインアンテナがあります。デザインアンテナというのは聞きなれないかもしれませんが、おしゃれな形状をしていて、八木式アンテナとは見た目が全く違います。

地デジのアンテナの設置工事にはいくらかかるの?

地域や家が建っている場所によって、地デジのアンテナの感度の強さには、ばらつきがあります。そのため、アンテナの設置工事はその地域のことに詳しい、地元の電気屋さんに頼むのが確実です。大型家電店では、アンテナの感度が弱い場所だと、設置工事を断られることがあります。

アンテナの設置工事にかかる費用は、頼むところによって違いますが、1万円台から2万円以上が相場です。また、設置する場所が家のどこかによっても、工事費用が変わってきます。

地上デジタル放送やBS放送などのテレビ放送のアンテナ工事は、電気工事専門の業者だけではなく、家電量販店やホームセンターで工事の依頼ができます。