地デジと衛星放送が見たい!アンテナ設置のノウハウ

家庭用アンテナは地デジとパラボラアンテナの2種類

アンテナの種類は大きく分けて、地上デジタル放送用のアンテナと衛星放送を受信するためのパラボラアンテナの2種類があります。地上デジタル放送用のアンテナだと、八木式アンテナとデザインアンテナのどちらかが使われることが多いです。ほとんどが八木式アンテナですが、アンテナが付いていない家では壁面に取り付けるデザインアンテナにしていることがあります。どこにもアンテナが見当たらない場合はケーブルテレビです。

受信感度が良くないときはブースターで補強

地上デジタル放送は電波の受信が良ければ普通に映りますが、受信感度が悪いと全く映りません。業者に依頼すれば可能な限り受信できるようにしてくれるので、電波がわずかでも入ればブースターで電波を補強することもできます。周辺のビルが邪魔をしていてどうしても映らないときはケーブルテレビにする方法もあります。

衛星放送を見るときはパラボラアンテナが必要

BS放送やCS放送を見るときはパラボラアンテナが必要です。複数のテレビで見る場合は、衛星の電波は高周波なのでケーブルを室内に引いて分配するときは、衛星用の分配器を使わないと映らないです。パラボラアンテナの設置は方角がわずかでもずれると受信しないので、自分で設置する場合は時間がかかり苦労します。パラボラアンテナの角度を1ミリ動かしただけでも受信レベルが下がってしまいます。ベランダに取り付ける場合でも、アンテナ専門の業者に取り付けてもらった方が早いですし、ボルトも確実に締めてくれるので風が強いときでも安定しています。

専門業者によるアンテナ設置では、屋根の上でも安全に作業を進められる他、確実に固定して強風による倒壊を防げます。